万有引力

スポンサーリンク
力学

静止衛星

静止衛星は地球を周回する周期がちょうど一日です。 そして、赤道上空にしか存在できません。
力学

第1宇宙速度と第2宇宙速度

第1宇宙速度と第2宇宙速度宇宙速度について解説しています。 第1宇宙速度で飛ぶと、だいたい1時間24分くらいで地球を一周できます。
力学

万有引力と位置エネルギー

重力に位置エネルギー mgh を考えるように、万有引力による位置エネルギーを考えることができます。 位置エネルギーはその基準位置を示す必要がありますが、基準位置は原則、任意の位置にとることができます。 万有引力による位置エネルギーを考えるときその基準位置は、一般には無限遠をとります。
物理のエッセンス

物理のエッセンス 力学 109番 P90【動画追加】

万有引力による位置エネルギー関連です。 通常は無限遠を基準とするのですが、ここでは、地球の地表面を位置エネルギー基準としています。 やさしく、くわしく丁寧に解説しています。