【動画解説】共通テスト 平成30年度試行解いてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

共通テスト 平成30年度試行解いてみた

今さらですが、思いついて試行テストを解いてみました。

問題と解答などはこちらから入手できます。 

平成30年度試行調査 問題、正解等|大学入試センター
大学入試センターの法人情報です。理事長挨拶、センター概要、情報公開、調達情報、民間競争入札、採用案内、大学入学共通テストなどに関する情報を掲載しています。
  • 難易度  センターと比較すると難化
         ただ公式を覚えた程度では歯が立たないと思われます
  • 平均点  37.5 点らしい

本番もこの程度の難易度になるのか?

問題としてはよく練られた良問ぞろい。

本当に理解できているかどうかがよくわかる問題となっています。

本番の難易度が注目されます。

このテストは、物理を理解できている人はかなりの部分で正解し、公式を暗記している程度の人は全くできない可能性が大きい。
物理の問題は本来このようにあるべき。(ケアレスミスに注意)

本番もこのままだと、得点は2極化すると思われます。
(フタコブラクダの背のような分布が予想されます)

対策

基本理解の差が大きな差をうみます。

教科書や参考書で基礎をしっかり理解することが必要です。
つけ刃では歯が立たないでしょう。

基礎重視が物理理解の王道です。

動画解説

よろしければ YouTube のチャンネル登録していただけると励みになります。

コメント