物理のエッセンス力学編4番

スポンサーリンク
スポンサーリンク

物理のエッセンス力学編4番

問題概要

投げ下ろし運動において、

 

  • 初速 $v_0$ が $2v_0$ になるまでの落下距離 $l_1$
  • $2v_0$ から $3v_0$ になるまでの落下距離 $l_2$ 

 

として、$\dfrac{l_2}{l_1}$ を求めよ。重力加速度 $g$ とする。

 

式を用いるやり方は本の解答・解説にまかせて、ここでは $v-t$ グラフを用いて考えて見ましょう。

 

スポンサーリンク

解説

$v-t$ 図を描いてみましょう。 もっと詳しく知りたい方、さらに応用したい方はこちらへ!

加速度は重力加速度 $g$ で一定だから、次の図のようになります。
  時刻 $t_1$ と $t_2$ は適当でかまいません。

青い面積が $l_1$ 、オレンジの面積が $l_2$ を示しています。

 

実はこれでもう解けたも同じです。
全く計算不要であることがお分かりでしょうか?

さて、次の図のように三角形で区切って見ます。

 

そうすると、全ての三角形は合同ですから、
当然、面積比(落下距離の比)は、

$\dfrac{l_2}{l_1}=\dfrac{5}{3}$

 

答え  $\dfrac{l_2}{l_1}=\dfrac{5}{3}$

 

 

コメント